ジョジョの奇妙な冒険のスタンド一覧、キングダムといった漫画の名言集をまとめています。 また仕事や生活で役に立つ情報も発信しています。
Matterportについて

Matterportの使い方を解説!iPhoneアプリで無料で試そう!

Matterportについて

どうもmasakiです。

Matterport(マーターポート)って知っていますか?

Matterportとは、「360度撮影が可能な3Dスキャンカメラ」というものです。

・360度撮影可能
・3Dスキャン可能
・クラウドサーバー付き
・Web上で共有が可能

動画を見てもらえればどういうものかがわかると思います。

これすごいですよね。

既に皆さん同じようなものを目にしたことがあると思います。

例えば、マンション探す物件サイトであったり、有名なのはGoogleストリートビューです。

全く同じものではないのですが、イメージとしてはこういったものですね。

基本的には、Matterport専用のカメラとか360度カメラを使うことで高画質の撮影が可能です。

iPhoneでの3Dスキャンは、ある程度の画質にはなりますが、無料で使用できます。

Insta360 One 最高の一瞬も簡単に撮れる!

専用カメラを買う前にお試しで使ってみるといいですよ、

ということで、今回はiPhoneでの3Dスキャンの方法をまとめてみました。

Matterportの無料登録

Matterportについて
画像:公式サイト

まずは公式サイトにアクセスしましょう。

https://matterport.com/ja

無料で始めましょう」をクリックします。

Matterportについて
画像:公式サイト

名前、メールアドレス、パスワードを入力して「NEXT」をクリックします。

Matterportについて
画像:公式サイト

ワークスペースに名前を付けましょう。

共同編集も可能で、ここで付けた名前で管理することになります。

入力ができたら「NEXT」をクリックします。

Matterportについて
画像:公式サイト

次に業種を入力します。

使用目的に近いものを選びましょう。

入力ができたら「FINISH」をクリックします。

「This will help us fill your dashboard with the most relevant tips, demo Spaces, and tutorials.」
とあるように、
ダッシュボードに最も関連性の高いヒント、デモスペース、およびチュートリアルを入力するのに役立ちます。

登録が完了するとダッシュボードが表示されます。

それでは次にiPhoneのアプリをインストールしましょう。

Matterport Captureのインストール

※記事執筆前に登録していたので若干順序異なるかもしれません。

Matterportについて

こちらの「Matterport Capture」というアプリをインストールします。

Matterportについて
Matterportについて

アプリを起動したら、早速「SIGN IN」をタップします。

先ほど登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力しましょう。

これで撮影環境が整いました。

それでは実際に撮影をしていきましょう。

Matterport Captureで3Dスキャン

Matterportについて
Matterportについて

まずは右下の「+」ボタンをタップします。

ADDRESS」や「MODEL INFOMATION」の入力欄が表示されます。

後で編集が可能なので、未入力のまま右上の「Save」をタップします。

Matterportについて

スキャン画面に移動します。

下にある丸いボタンをタップすると、実際に3Dスキャンをすることができます。

※最初は3Dスキャン方法のチュートリアルを挟みます。

また、「Options」というボタンをタップすると「Scan Options」を選択することができます。

Matterportについて

3D Scan:3Dでスキャンが可能
360 Capture:通常の写真撮影と同様
Simple Scan:天井や床はスキャンしない(1スポットで12枚撮影)
Complete Scan:天井や床もスキャンする(1スポットで24枚撮影)

※広角レンズ搭載のiPhone11などはSimple Scanを使いましょう。

僕はiPhone XRなので、「3D Scan」+「Complete Scan」でスキャンします。

実際にスキャンしてみた

それでは実際にスキャンしてみます。

素敵な空間ではないのでかなり省略します笑

下にある丸いボタンをタップします。

Matterportについて
Matterportについて

このようにカメラを向けると、自動的に撮影モードに入ります。

白い丸を追いかけて合わせていくという作業を続けていきます。

Undo」をタップすると1つ前を撮り直すことができます。

ポイントとしては、あまり動かさずゆっくり行いましょう。

Matterportについて
Matterportについて

続けて撮り続け、最後に3Dスキャンの全体像が表示されます。

Matterportについて

その後、右上の「Upload」をタップします。

これでほぼほぼ完了です。

ダッシュボードでの編集

アップロードをすると、ダッシュボードで編集をすることが可能です。

Wi-Fi環境や、撮影したスポットの数によりますが、アップロードが完了するまである程度時間がかかります。

1スポットだけだと10分かかりました。1時間かかる場合もあるようです。

そして、編集ですが、ロケーションの設定や、ラベル付けなど色々可能です。

その中でも、タグ付けをして詳細を入力したりリンクを貼ったりも可能なんです!

こちらは公式サイトに提供されている一例です。

Matterportについて
画像:公式サイト

文章、リンク、さらには動画の埋め込みまで可能なのです。

お店を運営している方は、ネットショップへのリンク貼ったりするといいですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

自分で3Dスキャン空間を作成できましたでしょうか。

無料でここまでできるなんて驚きですね。

高画質を求めると、「360カメラ」やMatterport専用の「Pro2」といった機材を使う必要があります。

iPhoneで無料で試してから、切り替えてみるといいでしょう。

また、現在はパーツをつけることによって、iPhoneを360カメラにする商品もあります。

これはこれで面白い写真が撮れそうです。

Insta360°あなたのiphoneをあっという間に360°カメラに

それではこのへんで。

Matterportについて
最新情報をチェックしよう!