ジョジョの奇妙な冒険のスタンド一覧、キングダムといった漫画の名言集をまとめています。 また仕事や生活で役に立つ情報も発信しています。
THE THOR目次設定

THE THORで目次を設定しよう!

THE THOR目次設定

どうもmasakiです。

今回はTHE THORの目次の設定方法についてまとめました。

WordPressには目次をつけるプラグインが存在しますが、

THE THORには目次機能があらかじめ備わっているので、

プラグインを追加しなくても簡単に設定が可能です。

ただ、

・目次の設定方法がわからない
・目次が表示されない

という声が意外とあるのでこの記事でそういった問題を解決しましょう。

【圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすいWordPressテーマ】 THE・THOR(ザ・トール)|テーマ&サポートプラン

THE THORの目次設定方法

THE THORには目次機能が備わっています。

外観」→「カスタマイズ」を開きます。

投稿ページ設定[THE]」→「目次設定

THE THOR目次設定
THE THOR目次設定
THE THOR目次設定

■目次を表示するか選択

目次を表示するかどうかの項目です。

デフォルトは「表示しない」になっています!

表示する」を選択しましょう。

■目次を表示するための最小見出し数を指定

ここで設定した見出しの数以上の時に目次を表示させます。

当ブログは「1」に設定しています。

見出しが1つでもあれば目次が表示されるようになっています。

■目次に表示する見出しのレベルを指定

見出しレベルを「h2〜h5」まで設定が可能です。

当ブログでは「5」に設定しているので、「h5」まで表示されるようになっています。

自分のブログの見出しに合わせて設定しましょう。

目次パネルをデフォルトで閉じておく」設定はお好みにしましょう。

目次が長すぎる記事がある場合は閉じておくと良いでしょう。

記事作成画面ですること

目次を表示させる設定は完了しました。

あとは記事作成においてすることがあります。

先程設定した「目次を表示するための最小見出し数」以上の見出しを作成することです。

そうすれば最初のh2見出しの上に目次が表示されます。

以下のように編集した場合

THE THOR目次設定

プレビューするとこのように目次が設定されます。

THE THOR目次設定

先程の設定だとこのような表示になります。

自動的にh2見出しの上に目次が表示され、h5見出しまで目次に表示させることができています。

目次を好きな位置で表示させる

目次が、自動的にh2見出しの上に表示されることがわかりましたね。

THE THORでは、手動で好きな位置に目次を表示させることもできます。

記事作成画面の「ショートコード」に「目次」があります。

これを表示させたい位置に挿入しましょう。

すると「[ outline]」というコードが入力されます。

(※実際は空白は入りません)

このショートコードが目次挿入の意味になります。

THE THOR目次設定

h4見出しとh5見出しの間に目次のショートコードを挿入しました。

プレビューすると以下のような記事になります。

THE THOR目次設定

目次の位置を変えることができました。

記事中に目次は1つのみの設定となるので、用途に応じて使い分けましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

目次があると記事が読みやすくなるのでぜひ設定しておきましょう。

また目次が表示されない場合、今一度この手順を見直してみましょう。

それではこのへんで。

THE THOR目次設定
最新情報をチェックしよう!