全国でレジ袋が有料化に!エコバッグの選び方

まさとみです。

7月1日から全国で、スーパーやコンビニのレジ袋の有料化が始まりました。

コンビニも含めたこの政策はかなり大きいですよね。

そのレジ袋の有料化に伴い、エコバッグの普及が急速に広まりました。

そんな僕自身もエコバッグを使用しています。

今回は、そんなエコバッグについてどんなものがあるのか紹介していきます。

ナップサックとかトートバッグとか、簡単なものであればエコバッグって言ってしまえますが・・・。

様々な種類のものがあるので、どんなエコバッグがいいのか、選ぶのに悩んでいる方は参考にしてみてください。

そのまえにレジ袋有料化の謎についてお話しします。

スポンサーリンク

レジ袋の有料化はなぜ?

まずエコバッグの紹介の前にこちら。

なぜ全国のレジ袋が有料化になったのか。

経済産業省によると、

プラスチックは非常に便利な素材でそれを大切にしたいという想い。


環境問題においてゴミなどについても考える。

そんな中で、プラスチックの過剰な使用を抑制して、賢く利用していく必要があると考えている。

レジ袋を有料化することにより、普段から何気なくもらっているこの袋が本当に必要なのか、考えて欲しい。

そしてライフスタイルを見直して欲しい。

という狙いがあるようです。

簡単にまとめると

レジ袋有料化→レジ袋削減→プラスチックゴミが減る!

ってところでしょうか。

レジ袋はゴミ袋になる

コンビニやスーパーで買い物した時のレジ袋ってみなさんどうしてますか?

ほとんどの方が同じだとおもいますが、ゴミ袋として使いますよね?

レジ袋をもらわなくなると、ゴミ袋を買わなければいけなくなります。

まさとみ

あれ?ちょっとまって,
レジ袋もらわなかったらゴミ袋買わなきゃいけないのか。

レジ袋有料、ゴミ袋有料ゴミ出す時無料だったのに、有料になる。
(家庭ゴミの話ね)

もう無料のゴミ出しというルートが通れないじゃないか。

そうなったらどっちが割高なのか考えちゃうよね。

なので、市販のゴミ袋と買い物のレジ袋、どっちが割高なのか考えましょう。

しかもゴミ袋だとある程度溜めて出すことになるから衛生的に悪いよね。

そんなこんなで、巷では4種類あると言われてるエコバッグを紹介していきます。

レジ袋型

こちらはレジ袋型のエコバッグです。

調べて見ると結構様々なデザインのものがあります。

それこそ柄物もたくさんあります。

今回紹介したのは、そこが丸みを帯びている形状のエコバッグ

このように底部分が広いものは入れやすいし、安定します。

家に帰って商品が偏ってたら嫌なので、こういう形状のがマジでおすすめ。

トートバッグ型

こちらはトートバッグ型のエコバッグです。

レジ袋型と似ている部分がお送ります。

トートバッグ型はファスナーがついているものもあるので、バッグの口を閉ざしたい人にはおすすめ。

夏の夜の虫対策とか、雨の日なんかは買ったものを守ってくれるのでいいですね。

レジかご型

こちらはレジかご型のエコバッグです。

その名の通り、レジかごの形をしています。

物によっては保冷の機能もあったりして、夏場にはいいかもしれません。

大容量が特徴なので、たくさんのものを一度に買うときはおすすめ。

そして大容量で大きいのに、コンパクトに折りたためるものがほとんどです。

行きは小さく折りたたんで楽にいきましょう。

リュック型

こちらはリュック型のエコバッグです。

ほぼほぼトートバッグ型と同じような形ですが、背中で背負えるというのは非常に楽。

紹介している画像は子ども用なので、親子で買い物も楽しめれます。

子どもが買い物を手伝ってくれたら、親としても嬉しいのではないでしょうか。

さいごに

エコバッグは1つだけでなくていいと思います。

複数、いろいろな形を持っておいて、その日に買うものによって選んだらいいんじゃないでしょうか。

さて、レジ袋有料化は新たな増税だ!とか環境問題というほどでもない!

とか

ネット上ではいろいろな議論がされているようです。

僕自身も思うことはあります。

が、決まったことにあれこれ言うより、それに対して今後どうやっていこうか考える方がいいと思います。

結局のところ、僕たちは過去を生きているのではなく、今や未来を生きていくので。

とかっこいい言葉で締めくくります。それではこのへんで。

スポンサーリンク