体脂肪率など13項目測定できる体重計が良かった!

どうもまさとみです。

毎日、朝のルーティンとして、体重とお腹周りを測ってます。

東京にきて5年目くらいですが、あまり運動する機会がなかったので、
太ってしまったり、運動不足が原因(おそらく)でひざ痛になってしまったり・・・。

そういうこともあるので、自分の身体の変化を知るって意味で
毎朝のルーティンとしています。

そこで新しい体重計を買ったので紹介しようと思います。

というのも、体脂肪計測機能が付いているものを買いました。

いままで計測できる機能が体重だけだったので、
もう少し詳しく自分の身体の状態を知るために今回買いました。

スマート体重体組成計って名前でAmazonでセールしてたので買いでした。

丁寧な段ボールで梱包されてます。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

スマート体重体組成計

届いたダンボールを開けると、中には体重計、取扱説明書、スタートガイドが入ってます。

この体重計、実はスマホのアプリと連動して記録ができるようになっています。

今まで手入力で記録していましたが、これは自動で記録してくれるんです。

アプリはこちらをダウンロードします。

結構評価高い!

この体重計は乗るだけです。

電気抵抗を測る電極が備わっているので、裸足の状態で体重計に乗るだけで、
体脂肪率や骨量などを測ることができます。

アプリの操作方法

このアプリをインストールしたら、生年月日や性別などを入力すれば計測準備の完了です。

スマホのBluetoothをオンにしておけば、自動的に体重計とリンクすることが可能です。

ただ一つだけ注意することがあります。

アプリを起動した状態で体重計に乗ること

バックグラウンドで連動はしないので、
体重計に乗る前にアプリを立ち上げた状態にしておきましょう。

アプリを立ち上げた状態で体重計に乗るとこちらのような画面になります。

測定中とでるので、体を動かさず体重計の数字が3回点滅したら測定完了です。

体重計には体重が表示されますが、アプリの画面は以下のように体組成が表示されます。

体脂肪率がやばい気がする・・・。

15%は切りたい。。。

ちなみに「より多くのデータ」をタッチすると以下のように様々な体組成が確認できます。

さまざまな体組成が記録される

先ほどの画像のとおり、体重計に乗るだけで、13項目も測定することが可能です。

スマート体重体組成計で測定できる項目

・体重・・・体の重さ
・BMI・・・体重と身長の関係から算出される、人の肥満度を表す体格指数
・体脂肪率・・・体内に含まれる脂肪の重量の割合
・除脂肪体重・・・体脂肪以外、筋肉や骨、内臓などの総重量
・皮下脂肪・・・皮膚と筋肉の間の皮下組織にたくわえられる脂肪
・内臓脂肪・・・おなかの臓器のまわりに蓄積した脂肪 
・体水分率・・・体重に占める体水分量の割合
・骨骼筋率・・・体に占める骨格筋
・筋肉の重さ・・・筋肉の重さ
・骨量・・・骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量
・タンパク質・・・タンパク質
・基礎代謝・・・生命活動を維持するため、自動で行われる必要最低限のエネルギー
・体内年齢・・・体組成と基礎代謝量の年齢傾向により算出される

もちろん、超超超正確な数字を知るタメには、
市販で買えるようなものでは測れないらしいです。

それでも指標になることに間違い無いですからね。

この数字を見て自分の生活を見直す機会になればと思います。(自分に言い聞かせる)

ちなみにこのように測定回数を重ねることで、
グラフで視覚的に見ることもできるのでわかりやすいですね。

歴史記録」をタッチするとカレンダー画面が表示されます。

カレンダーで管理したい!という人も多いはず。

また、多く測ってしまったら、左にスワイプして削除しちゃいましょう。

ちなみに、手入力も可能です。

手入力だと以下の項目が入力可能です。

手入力できる項目

・首回り
・肩幅
・腕周り
・バスト
・腰回り
・ヒップ
・太もも
・ふくらはぎ

至れり尽くせりのアプリです◎

さいごに

最近はアプリンと連動している体重計が結構多く出ているようです。

今回買ったものはカレンダー機能だったり、簡単に測定ができる点が非常に魅力的でした。

気になった方は探して見たらいかがでしょうか。

自分の身体を数値化することで見えてくるものがあります。

食生活を変えようか・・・笑

それではこのへんで。


【進化版】体重計 体組成計 Bluetooth体重計 体脂肪体重計 高精度体重計 カロリー測定可能 ボディスケール スマートスケール 体重/基礎代謝/脂肪率/体脂肪率測定可能 アプリで健康管理 iOS/Android対応 ……
スポンサーリンク