ジョジョの奇妙な冒険のスタンド一覧、キングダムといった漫画の名言集をまとめています。 また仕事や生活で役に立つ情報も発信しています。
Macのスクリーンショット

Macのスクショが便利すぎる!ショートカットなどのまとめ

Mac Macのスクリーンショット

Macのスクリーンショット

どうもmasakiです。

今回はMacのスクリーンショットが便利すぎるという記事です。

スクショ、皆さんよく使っているかと思います。

実は、できることって、ただ単に画面のスクショだけではないんです。

範囲を指定できたり、収録したり、タイマー設定なんかもできちゃいます。

スクショできない場面とかもありますよね。

収録したりタイマー設定があると、今までできなかった画面のスクショも可能です。

それでは説明していきます。

全画面スクショ

まず全画面スクショは以下のコマンドで可能になります。

command + shift + 3

このショートカットを押すだけで全画面のスクリーンショットが可能となります。

macのスクリーンショット

非常に簡単ですよね。

選択ウィンドウのスクショ

次に選択したウィンドウのスクショです。

command + shift + 4 + スペースキー

※スペースキーはあとからでもOK

macのスクリーンショット

スペースキーを押すと、マウスカーソルがカメラアイコンに変わります。

カメラアイコンをスクショしたいウィンドウに重ねましょう。

ウィンドウ丸ごとスクショできるので綺麗なスクショが可能になります。

範囲指定スクショ

次に範囲し指定のスクショですが、以下のコマンドで可能になります。

command + shift + 4

macのスクリーンショット

このように範囲を指定してスクショを撮ることが可能です。

ショートカットを押すと、範囲指定モードになるので、スクショを撮りたい範囲を指定しましょう。

こちらは非常に便利でよく使う場面が多いです、

スクリーンショットのオプション

さらに、スクショには以下のコマンドでできることがあります。

command + shift + 5

macのスクリーンショット

このようにスクショのメニューが表示されます。

①画面全体を取り込む
②選択したウィンドウを取り込む
③選択部分を取り込む
④画面全体を収録
⑤選択部分を収録
⑥オプション

①、②、③は先ほど説明したものと同様です。

収録とオプションについて見ていきましょう。

画面全体を収録

こちらはその名の通り画面全体を収録します。

「画面全体を収録」 > 「収録」をクリックすることで可能となります。

マルチディスプレイを使用していれば、収録するウィンドウを選択することとなります。

選択部分を収録

こちらは選択した部分のみ収録を行います。

こちらが実際に収録したものです。

選択した範囲にカーソルを持ってくれば、もちろんカーソルも収録されます。

オプション

こちらでは以下のことが可能となります。

macのスクリーンショット

・スクショ保存先の変更
・スクショ開始のタイマー設定
・収録マイクの設定
・オプション
→フローティングサムネールを表示
→最後の選択部分を記憶
→マウスクリックを表示

特にスクショの保存先を変更できるのはありがたいですね。

フローティングサムネールとは、スクショを撮った後に、右下に表示されるサムネイルのことです。

スクショ後に編集したい場合はここにチェックを入れておくとスピーディですよ。

Touch Barのスクショ

Touch Barを搭載しているMacbookであれば、以下コマンドでTouch Barのスクショができます。

command + shift + 6

macのスクリーンショット

こんなこともできるんです。

驚きですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

Macのスクリーンショットにはこんなにもできることがあったんですね。

収録に関しては音声も収録可能なので、動画説明としても作成が可能です。

目的に応じてそれぞれ使い分けてみましょう。

それではこのへんで。

Macのスクリーンショット
最新情報をチェックしよう!