太ももの内側を鍛えて痩せよう!ひざ痛を治そう!

どうもまさとみです。

在宅勤務、外出自粛、ほとんどの人が確実に外向きな行動が減っていることかと思います。

またそれに伴って太ってしまったという方も多いかもしれません。

そんな中、YouTubeでは結構エクササイズの動画がたくさんでてますね。

自宅でできるエクササイズだったり、筋トレだったりストレッチだったり。

僕自身は家では体幹トレーニングとスクワット。

ジムで脚をメインに鍛えてます。

ところで今回は何かというと、足の鍛え方ですね。

もっとピンポイントにいうと内転筋です。

太ももの内側のことですね。

下半身って太りやすいですよね。

僕もそうなので、ジムでマシンを使って脚を重点的に鍛えてます。

今回はYouTubeで紹介しているおすすめの内転筋の鍛え方をまとめてみました。

家で鍛える方法とジムでマシンを使って鍛える方法。

それぞれのやり方があるので、参考になればと思います。

スポンサーリンク

内転筋とは

まず内転筋についてですね。

先ほど説明した通り、内転筋とは太ももの内側の筋肉のことです。

よくあるのが、「両脚を閉じたときに太ももと太ももに隙間を作りたい
と言うときの対象の筋肉のことです笑

その内転筋を鍛えることで、太ももを細くすることができます。

内転筋は身体の中でも大きい筋肉の一つなので、
鍛えることでダイエット効果にも繋がるんです。

太ももの外側とか裏側は自転車漕ぎなどで筋肉がつきやすいですが、

内側の内転筋というのは普段からあまり使われにくい筋肉です。

なので、太ももの内側って脂肪がつきやすかったりするんですね。

では内転筋の筋トレ方法を見ていきましょう。

家でできる方法とジムのマシンを使った方法を説明していきます。

膝痛持ちの方は必見!

その前に、僕、内側の膝痛を持ってるんですね。

症状的には、「変形性膝関節症」のように、膝の関節軟骨がすり減っているかのような感じ。

屈伸をすると、「ミシッ!!」と音がして自転車を漕ぐときも痛い時がありました。

病院に行っても、特に症状がわからず、筋肉をつけましょうといわれておわり。

でも最近わかったことがあって、ぼく、内転筋に脂肪が結構あるんですよ。

足を揃えて立つと、両内腿がくっつきます。

この内転筋というのは、
太ももの筋肉の中で唯一膝を内側から支えている筋肉
と言われています。

変形性膝関節症」も内転筋が関係していることもあるそうです。

もし内側の膝痛持ちの方いたら、内転筋を鍛えるのも効果があるかもしれません。

僕は最近、内転筋を重視して鍛えてます。

それでは内転筋の筋トレ方法を見ていきましょう。

家で内転筋を鍛える

家で内転筋を鍛えるにはどうすればいいでしょうか。

家でできることといえば、自重がメインとなってきます。

重力を頼りに、内転筋に負荷をかけるトレーニングがおすすめです。

いろいろありますが、個人的にYouTubeでいいとおもい、
僕も実践しているトレーニング動画があるのでご紹介します。

最近は動画を見ながら一緒にやる形式のものが多くて、すごく使いやすいですね。

王道のスクワットから、シザーズアダクションといった、
足の付け根を基点として、足を浮かして動かすことで負荷がかかるトレーニングもあります。

意外ときついんですよ。

なぜかというと内転筋は普段からあまり使われない筋肉だから。

ここを鍛えることで、燃焼しやすい体をつくり、健康的になりましょう。

ジムで内転筋を鍛える

ジムで内転筋を鍛えるにはどのマシンがおすすめでしょうか。

僕もジムに行ったら必ず使うマシンがあります。

内転筋を鍛えるマシン

・ヒップアダクション
・ヒップアブダクション

似たような名前ですが、以下の動画を見てもらえるとわかりやすいです。

長い説明なしで、1分で理解ができる動画です。

簡潔にまとめられているので、ジムで行う直前でもすぐに見て実行ができますね。

ヒップも一緒に鍛えることができます。

また、ヒップアブダクションの方が、内転筋により直接的に刺激がいくと思います。

重さを調節して、回数と呼吸を意識しながらゆっくりとやりましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

在宅時間が増えて、足を動かす機会が減った方すごく多いと思います。

エコノミー症候群とかもあるので、適度に体を動かした方がいいですよね。

内転筋を鍛えて、太ももの内側を痩せる!

内転筋を鍛えて、燃焼しやすい体を作る!

内転筋を鍛えて、健康的になりましょう。

スポンサーリンク