マコなり社長とひろゆきさんの対談が良かった

まさとみです。

今回は、マコなり社長のYouTubeについてのお話です。

ゲストとして登場したひろゆきさんが話されてたことについて、
自分の考えも含めて記事にしてみようと思います。

というのも、ひろゆきさんの考えが非常に面白く、かなり共感を得たんですよね。

さすがひろゆきさん。頭良すぎる・・・。

そのひろゆきさんの考えを自分なりに噛み砕いてこの記事でアウトプットしてみます。

まずはその動画がこちらです。

マコなり社長、ひろゆきさんのご説明は割愛しますね。

みなさんご存知だと思うので。

今回のポイント

自分に対して自分自身で余裕を作ること

それではまとめてみた格言をみていきます。

スポンサーリンク

寝ることの大切さ

ひろゆきさんの人生を変えたスキルとは「寝ること」です。

寝ることを大切にしている理由はこちらです。

いつでも冷静な判断状態でいるため

冷静な判断状態でいるため、それを保つためには眠い時にちゃんと寝るということです。

仕事中にミスがある人の特徴として、テンパって判断を間違える人が多いです。

テンパってしまうのは余裕がないからであり、寝不足であると余裕がなくなり判断が鈍ってしまいます

ひろゆきさんが例で出している通り、難しい「東大のテスト」を受けに行く場合。
大半の人がちゃんと寝てからそのテストを受けに行くはずです。
3日間とか徹夜して受ける人はまずいないですよね。

それがビジネスだと、ちゃんとやらなければいけない日に、
徹夜して業務に臨んでいる人が多く見受けられるんですね。
それは自己管理能力も含めての能力値が低いんじゃないかな。

という辛口コメントがありました。

僕もまさにそう思います。

徹夜するということは、そもそもの段取りが悪いってことだと思うんですよね。

  • どうしても時間が足りないのなら、誰かに頼めばいい。
  • 物理的に無理なことがわかっているなら最初からその無理な状態にしなければいいい。

それらも含めて管理能力が問われますよね。

常に徹夜スタイルで一生を過ごすんですか?

それで幸せですか?

日本人は働き過ぎなところがあります。

もっと自分自身の「生活」をしてみませんか。

自分自身の生活が成り立って初めて仕事が楽しくなると思います。

寝るということは

・正しい判断をすることにつながる
・いつでも冷静な判断状態を保って誤った判断を減らす

質を下げないこと

「ずっと65点を出すようにしている」

ひろゆきさんは物事を全体的に見て、平均打率を上げるためにこの言葉を話されました。

決して全力でやらなくていいというわけではないです。

先ほどの「寝ること」にもつながるお話ですが、質を下げないということです。

プロジェクトの終始、アウトプットの質を一定に保ち低下させないということです。

人間なので完璧な人なんていないです。

それこそ、100点をずっと出そうとするとどこかでつまずいてしまいます。

生きている限り、感情を持つ限り、波というものがあり良いことも悪いことも起こりえます。

だから100点を出し続けるなんて無理な話なんです。

ひろゆきさんはこうお話ししています。
他の100点をとる人たちが体調が悪くて60点くらいだとしても65点なので勝てるときがあります。
自分が出せる最大値を、体調を良くすることで維持しているので、
平均よりそれなりのいい点数を出してうまく逃げてきました。

カメとウサギの競争の話を思い出しました。

コツコツと維持できる一定を出し続けることが大切ですね。

それに、65点という平均を落とさないことで、自分に余裕も生まれますよね。

余裕が生まれれば周りを見る余裕も生まれます。

周りが見えるということは、攻めるべきポイント引くべきポイントなどもわかってきますよね。

それこそ良い判断ができることにも繋がりますね。

質を下げないということは

・アウトプットの質を一定に保ち低下させない
・平均点を維持することで安定した成果を保つ

物事の本質を捉えること

プログラムのコーディングに関してこう話されていました。

コーディングの最中にきれいなコードで作っていこうとは考えないこと。
すごいかっこいいアルゴリズムで作っていくことはしないで、
まずはプログラムが動くことを最優先としてコーディングすることが大切です。
正規表現に変えようとかブラッシュアップしてアップデートしよう
というのは完成した後にやればいいことです。

もちろんプロジェクトによってその優先順位は変わることは言わずもがな。

まずは一番シンプルなものを出す。

例えばブログでもそうですよね。

ブログを始める時もそうで、ブログのデザインに時間を費やしたりする人もいますよね。

まさに自分もそっちの人間だったのですが笑

でもそういうことをする前に、記事を書くことが最優先なんですね。

ブログのデザインなんかはあとからやっていけばいいこと。

物事の本質を捉え、何を最優先にすべきなのか判断しなければいけません。

これも正しい判断をするために自分自身に余裕がなければできないですよね。

本質を捉えるということは

・物事の最優先順序を考えること

さいごに

ひろゆきさんは物事の本質をしっかりと捉えていますね。

昔は感情論で物事を捉えることが多かった時代もありました。

理不尽な場合の「常に全力でやれ」みたいな。

でも、今の時代いろいろな手段でアシストできますよね。

スマホなどの技術が発達して便利な時代になりました。

「絶対にこうしなければいけない」という固定概念はこの時代では無意味です。

そう考えて行動するのは非効率的で自分自身の時間を無駄にしています。

また、自分に自信がある人の方が間違えてしまうかもしれないです。

自信がある人ほど、

「体調が悪くても俺いける」
「寝てなくてもいける」

と思い込んでいます。

アウトプットのレベルを上げるには脳がちゃんと動いていないといけないんです。

体調が悪いとアウトプットの質が低下してしまいますからね。

自分を管理できるのは自分自身しかいないんです。

総合的に考えて今どう選択すべきか、
やはり何事も物事はゴールを見越して取り組むことが大切なんです。

それではこのへんで。

スポンサーリンク