ジョジョの奇妙な冒険のスタンド一覧、キングダムといった漫画の名言集をまとめています。 また仕事や生活で役に立つ情報も発信しています。
A8.netの振込手数料を安くする方法

A8.net (エーハチネット)の振込手数料高いの知ってる?手数料を安くする方法を説明!

 

A8.netの振込手数料を安くする方法

どうもmasakiです。

ブログをやっている人、アフィリエイトをやっている人なら誰もが登録していると思います。

A8.net

まさに全ブロガーや全アフィリエイターにとっての登竜門と言っても過言ではないですよね。

A8.netの振込までのポイントは以下です。

・毎月1日から月末までの確定報酬額
未払成果報酬額 (それまでに繰り延べられている金額) 
・上記の合計が、選択されている支払条件 (5,000円または1,000円以上) を満たしている

上記の場合に、翌々月に登録されている口座へ振り込まれます。

では振込手数料はどうなるのでしょう。

こちらは振込通知のメールの一部です。

A8.net (エーハチネット)の振込手数料について

とにかく振込手数料が高い!

せっかくの報酬なのでこんなに手数料取られたらもったいないですよね。

今回はその振込手数料を安くする方法をまとめてます。

A8.netの振込手数料について

先程の画像でも分かる通り、振込手数料の実費は私たちが負担しています。

※振込時に成果報酬金額から自動的に差し引かれるので、なにも設定などは必要はありません。

A8.netからの振込は、現在(2021.03.16)三井住友銀行 (渋谷駅前支店) から行われています。

つまり、受け取りの登録口座先によって手数料が変わってくるのです。

登録している口座 振込手数料
同店(三井住友銀行渋谷駅前支店)宛3万円未満 110円
同店(三井住友銀行渋谷駅前支店)宛3万円以上 220円
当行(三井住友銀行渋谷駅前支店以外の店舗)宛3万円未満 220円
当行(三井住友銀行渋谷駅前支店以外の店舗)宛3万円以上 440円
他行(三井住友銀行以外の金融機関)宛3万円未満 550円
他行(三井住友銀行以外の金融機関)宛3万円以上 770円
ゆうちょ銀行の郵便貯金口座 一律66円

僕の先程の画像は、他行の3万円以下だったので550円かかっていますね。

めちゃめちゃ高いです。

でも上記の手数料の表をみると一番安い方法が分かりますよね。

ゆうちょ銀行の郵便貯金口座の一択

はっきりいってこれ一択です。

もちろん、他行よりも同行同行よりも同店とより安くすることは可能です。

しかし、ゆうちょ銀行の手数料を見ると圧倒的ですよね。

もし、毎月3万円の確定報酬があり、毎月振込され、それが12ヶ月続いたとしましょう。

その場合の手数料の額は以下のようになります。

  同店 当行 他行 ゆうちょ銀行の郵便貯金口座
1ヶ月 220円 440円 770円 66円
12ヶ月 2,640円 5,280円 9,240円 792円

まぁ計算するまでもなく圧倒的ですよね。

他行の場合だと9,240円も手数料が取られてしまう結果になります。

もし、ゆうちょ銀行の郵便貯金口座を持っているのであれば、間違いなく登録口座の変更をするべきです。

口座登録情報の変更手順

まずは「登録情報 > 支払・口座情報の修正」で画面を進みます。

A8.net (エーハチネット)の振込手数料について

次に「郵便貯金口座にチェックをし、ゆうちょ銀行口座の情報を入力」します。

A8.net (エーハチネット)の振込手数料について
A8.net (エーハチネット)の振込手数料について

最後に「修正する」ボタンをクリックして完了です。

たったのこれだけなので、口座を持っている人は今すぐにでも変更した方がいいですね。

ゆうちょ口座を持ってない方は、長期的な目線でA8.netを利用するのであれば、口座開設した方がいいと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

僕みたいに実際に振り込みされてから気づく人も多いとおもいます。

もし振込手数料が高い!という方がいたら、これを機に、登録口座の変更をするのもいいかもしれません。

それではこのへんで。

 

A8.netの振込手数料を安くする方法
最新情報をチェックしよう!