ジョジョの奇妙な冒険のスタンド一覧、キングダムといった漫画の名言集をまとめています。 また仕事や生活で役に立つ情報も発信しています。
THE THORの記事装飾について

THE THORでカスタマイズした記事の装飾を保存する方法

THE THORの記事装飾について

どうもmasakiです。

僕のこのブログで使っているテーマ「THE THOR」についての記事です。

THE THORには記事執筆時に様々な装飾ができます。

こちらの記事で詳しく書きました。

関連記事

どうもmasakiです。 今回はこのブログでも使用している「THE THOR」の記事装飾についての説明です。 記事を書く時に、マーカーを引いたり、ボックスを作ったりしますよね。 THE THORには、さまざまな装飾[…]

THE THOR記事装飾について

様々な記事装飾の中でもメインの機能がこちら。

カスタマイズ可能なスタイル

ラベル
ボタン
ボックス
ボックス内ボックス

これらは自分の好きな色で形で組み合わせでカスタマイズができると説明しましたね。

実はこのカスタマイズできた設定を保存することができるのです。

今回はカスタマイズした記事装飾の保存の方法、再利用の方法を説明していきます。

ボックスをカスタマイズ

ボックスを参考に説明していきます。

ここに見出しを書いていきます
このボックスのコードを表示
<div class=”ep-box es-center bgc-VPsky brc-DLsky es-borderDottedM”>ここに見出しを書いていきます</div>
1つボックスを作ってみました。
コードをコピーして、WordPressのテキストエディターに貼り付けをすれば同じように表示されます。
組み合わせがありすぎてすべてわかる人はいないんじゃないでしょうか笑
試行錯誤して試してみましょう。

カスタマイズしたボックスを保存する

それでは早速、先程のカスタマイズしたボックスを保存する方法を説明します。

まずは、ボックスを作成し、エディター右上の「テキスト」をクリックします。

ボックスのカスタマイズ

すると、作成したボックスに対応しているコードを調べると以下のようになっています。

ここで赤線を引いている箇所をコピーしておきましょう。

コード

コピーをしたら、「外観」 > 「カスタマイズ」 > 「パーツスタイル設定[THE]」 > 「ボックス設定」に移動します。

こちらに10通りのボックス設定が初期状態としてあります。

必要のないボックスの設定を変更しましょう。

今回は「ボックス3の方眼ペーパーボックス」を削除して書き換えてみましょう。

変更前
ボックスの設定
変更後
ボックスの設定

これで自分でカスタマイズしたボックスの設定の保存が完了しました。

それでは最後に保存したボックスを利用してみましょう。

保存したボックスを利用する

エディターを開いて、ボックスの項目を見てみると「水色点線ボックス」と名付けたスタイルがあります。

水色点線ボックス

これをクリックしてみると、保存したボックスが反映されます。

先に文字を入力してからボックスを選択します。

このように何回も使うようなスタイルは保存しておくと便利ですね。

冒頭でも述べたように、ボックスだけでなく、ラベルやボタンもカスタマイズと保存ができるので試してみましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

THE THORはこのように自分好みに細かくカスタマイズすることができます。

一見サイトの構造が同じに見えても、記事装飾にこだわることで他サイトとの差別化もはかれます。

いろいろ試してみてサイトのクオリティをあげていきましょう。

それではこのへんで。

THE THORの記事装飾について
最新情報をチェックしよう!