マウスやキーボードで手首が疲れたあなたへ

どうもまさとみです。

パソコンを使っている時の悩みありますよね。

例えば肩が凝ったり、腰を痛めたり

ずっと座ったままだったりするので全身がなまったりします。

おそらく代表的なことが今あげたことかなと思います。

実は「これも辛い・・・」ってことがあります。

案外気づいているようで気づいていないかもしれません。

今回の問題

パソコン使用時の手首の疲れ

キーボードやマウスの操作で手首を痛めた経験ありますよね?

腱鞘炎が続いたことありませんか?

僕なんか常に腱鞘炎みたいな感じです笑

姿勢が悪いことが影響しているんですね。

今回はその手首の疲れを少しでも和らげるためのアイテム紹介です。

日々の運動やストレッチも大切ですが、
手首への負担を和らげるアイテムがあるならそれも使っちゃいましょう。

この記事でわかるポイント

アイテムを使用して手首の負担を少しでも減らそう!

スポンサーリンク

手首の疲れは姿勢が悪いから

手首を痛めるときというのは大体が姿勢が悪いからといえます。

人間の本来の自然体な姿勢ではなく、
無理をして道具を使う姿勢になってしまうから手首を痛めてしまうんです。

  • キーボードを使うときの正しい姿勢
  • マウスを使うときの正しい姿勢

確かに調べると、それぞれの正しい姿勢を示したサイトが出てきます。

でも、姿勢の悪さは癖づいていたりしてなかなか直りません。

いまから正しい姿勢に直す訓練をするのもありです。

ですが、今の状態のまま、手首の負担を減らすことができるのであれば
それでいいんじゃないでしょうか。

リストレストを使って負担を減らす

リストレストはキーボードやマウスの手前に置いて使います。

手首をリストレストの上に預けることで、余計な力が働かず負担を減らしてくれます。

どんな種類のものがあるのでしょうか。

素材や、用途で分けられており結構販売されているんです。

ベーシックなものを選ぶなら

こちらは結構ベーシックなリストレストです。

形状回復性と流動性をもつ合成ゴムで作られており、
手首を置いたときに自然とフィットするので、違和感なく手首を預けることができます。

こちらはジェル素材を使用したリストレストです。

ジェル状なので、ほどよい弾力で手首のリラックス効果にもつながります。

マウス専用のものを選ぶなら

こちらはマウスパッド一体型のリストレストです。

マウスを使うときに手首に負担がかかっている方は是非お勧めします。

マウス専用のジェル素材のリストレストです。

キーボードのジェル素材のものとあわせてもおしゃれですし、心地よいと思います。

腕も負担を減らしたい方はアームレスト

手首も負担がかかっているけど、腕もちょっと辛いなぁ。

そんな方はこちらのアームレストというものもあるので試してみる価値はあります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

パソコンを使用している時に手首に負担がかかっていると思ったら、
リストレストというグッズがあるので、試してみる価値は非常にあります。

今はありとあらゆる手段で現状を解決できる時代です。

ストレスフリーな環境を自分自身で作っていきましょう。

それではこのへんで。

スポンサーリンク