時間銀行 “86,400秒のプレゼント”

まさとみです。

以前の記事と少し似るものがありますが、今回は時間のお話。

本日は昔アメリカにて、チェーンメールで流行ったお話です。

みなさんも聞いたことあるかもしれませんね。

ビジネスでの参考のお話だったり、自己啓発での話だったり。

時間銀行 “86,400秒のプレゼント”

というお話です。

時間銀行という言葉でピンとくる人も多いかと思います。

または、86,400という数字でピンとくる人も多いと思います。

僕自身もこの数字聞くと「あの話か!」ってなります笑

それはこのお話に共感できたからだと思います。

自己啓発って言葉は正直あまり好きではないんですが、

このお話の内容は結構大切というか、知っていても損しないし、

むしろ自分自身広い目線での物事を考えるきっかけになると思ってます。

知識というのは知れば知るほど自分の可能性を広げるものです。

スポンサーリンク

時間銀行 “86,400秒のプレゼント”


次のような銀行があると、考えてみましょう。

その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86,400ドルの中で、

あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?

もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。

私たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。

それは貸し越しできません。

毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。

そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、

あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けてます。

今日という日に最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、

落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、

未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、

週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、

待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、

電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今、

事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するためには、

オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだったら、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は、与えられるものです。

だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。


さいごに

先ほど英語で今をプレゼント(=present)といいました。

引用元:Weblio英和・和英辞典

Weblioで調べてみるとありましたね。

the present" という使い方をするようです。

忘れられないでって意味もなんか素敵だなと思います。

全世界の人、平等に与えられた今という時間を、

どう使うのかはひとりひとり違い、あなた次第です。

明日満足できる自分がいるような行動を今からしていきたいですね。

それではこのへんで。

スポンサーリンク